旋転習字紙。

受験のため休止中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おーりーがーみ

ホイル折をしようと思いましてホイル紙を作るとこから始めましてええ。

紙

アルミホイルにスプレーのりを吹き付けて片方の紙に貼っていくわけです
そしてまたアルミホイルにのりを吹き付けてズレ無いようにもう片方の紙を張ります。
紙にのりを吹き付けると萎えちゃうので注意。そしたら紙完成です。1時間かかりました。

紙完成

ここからようやく折り後をつけていきます。折り後がつけ終わるまで約1時間。

紙折跡

でようやく折り始めです。ホイル折は山折で後をつけたら谷折するためにもう一度折り目を
つけなおさないといけないので無駄に時間がかかる。

折り始め

4時間目。もうこの時点で細かいカドを整えながら折っていかないと後々ズレます。

折中

5時間目。頭。ホイル紙での沈め折りの難易度の高さは異常だと思うんですけど。

折り後

6時間目。ようやく全てのカドが完成。

完成前

7時間目。完成。神谷哲史作品集より”エンシェントドラゴン”

完成


約1年ぶりに折ったのですが結構イけるものでした。
2010年の一瞬のときめきが本当に実現したようで神谷哲史作品集第二段が11月に発売されて
いたようでいつの間にか無くなっていた赤本とともに消えた僕の折り紙熱がまた再発しそうです

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。